FC2ブログ

シンプルな金蹴り拷問ゲーム制作中

160429002.jpg

ここの所、ひねったシチュエーションばかり考えていましたが、
いっそ、シンプルに、吊るされた男のタマを延々責めるだけの、
シナリオも何もないゲームを作ってしまおうと思い立って、
作り始めたゲームです。

160429003.jpg

こんな風に金蹴りや金握りで、ひたすら男を責め続けるという、
シンプルなゲームです。
あとは、声を入れればほぼ完成です。

汎用性の高いシステムなので、技やセリフを追加した
第二弾、第三弾も簡単に作れそうです。

金蹴りセリフがマンネリ化してきた

新しいゲームのセリフを考えているんだけど、
どうも、セリフがマンネリ化してきてしまっている。
なんか、自分の中にあるものを全部出し尽しちゃった感じ。

参考までに載せますと…
=============================

男の急所、無防備にさらした状態で、怖いでしょ?

男に生まれたこと、後悔させてあげる。

そんな所に急所が付いてて、男ってホント大変ね。

キンタマってどういう風に痛いの?
女の私のも分かるように教えてくれない?

大げさねぇ。そんなに痛くないでしょ?キンタマ蹴られたぐらい。

どう?痛い?男はしょうがないわよね。

男って何発まで耐えられるのかしら?金蹴り。

うふふっ、耐えてる耐えてる。そんなに痛いんだ、キンタマって。

そんな場所に変な物ぶら下げてたら、つい蹴りたくなっちゃうじゃない。

女はみんな、男の急所を一度は蹴ってみたいと思ってるものなのよ。
自分にはついてない物だもん、気になるじゃない。

たかが金玉蹴られたぐらいで、いい男が情けないわね。

あたし、男のキンタマを蹴るのは慣れてるのよ。

男なんて、金蹴り一発でお終いよ!

あたし、小学校の頃からずっと金蹴りしてきたんだから、相当上手いわよ。

=============================

こんな感じで…

う~ん、何かマンネリ化してるので、もう少し考えようと思います。

子供のチンチンは女からなめられている

小学生ぐらいの女子が、同じく小学生ぐらいの男子の
急所を蹴りあげている絵を見るとリアリティを感じるんですが、
これが高校生や大人になってくると、あまりリアリティを感じない。

思うんですが、小学生ぐらいの男子の性器は
全然グロテスクじゃないんですよね、陰毛もないですし。

だから、女子は子供の男性器に対する恐怖心が無いんじゃないでしょうかね?

それで平気で見たり触ったり蹴ったりできる。

仮に、男の性器が大人になっても子供のまま発達せず、陰毛も生えず、
「小さくてかわいい物」っていう存在だったら…

男の性器は、何歳になっても、女から狙われる存在だったのかも知れません。

ツイッターに下らない事を書き過ぎた

私のツイッターのアカウントが凍結されました。
凍結とは、つまりもう私のアカウントではツイッターに書き込みできないという事です。

理由は教えてくれないんですね~。
いきなり凍結されました。

しかし、私は、これは良いケジメだなって思いました。
もう、ツイッターはこれで引退しようと。

ここの所、酔って管を巻いたような事ばかり書いていて、
不毛だったんですよね。
時間もかなり費やしてしまってましたし。

凍結の理由は分かりませんが、想像するに、
凍結される直前に、「子育ては簡単か難しいか?」みたいなネタで
ネト○ヨみたいな界隈にフォローされまくったんですよね。

そのあたりの人が、ツイッターの運営に告げ口したんじゃないかと…
私がアダルト画像を貼ってる事をね。

あくまで想像ですけどね。

でもまぁ、そんなネトウ○界隈に拾われてしまうような事を書いてたって事も含め…

最近の私は、一体何やってたんだ…って反省しましたね。

子育てと言えば、最近「待○児童」の話題がその界隈で熱いですけど、
ネト○ヨとかは、
「私たちがネットで大声を上げたから、社会が○機児童について真剣に考えるようになったんだ、
私たちのお陰だ!」
ぐらいに思ってるんでしょうけど、
いやいや、お前らの力じゃ無いだろ(笑)って話ですね。
ネットで大声上げたお陰とか、どうしてそう我田引水に考えられるんだか…

そういう風に勘違いすることも含めて、
やっぱりツイッターに変な事書くのは不毛なんですよね。

今後の私はその暇を全部創作活動に打ち込みますよ。

所詮エロゲーではありますけどね。
プロフィール

preciousball

Author:preciousball
Home Page

Twitter id
pball4
pixivやってます。こちらです!色々CGアップしてます。http://www.pixiv.net/member.php?id=9512029

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード